乾燥肌対策

乾燥肌

乾燥肌であるかどうかは、皮膚の一番外側である、表皮の角質層の水分が足りているかどうかで、乾燥肌であるかどうかがわかります。お風呂上りに何もつけていない状態で10分間待ち、ツッパリが出るかどうかで乾燥肌かどうかがわかります。

肌は暑い時には汗を出し、体を冷やすことや、悪い成分を汗と一緒に排出する作用などもあります。紫外線などから体を守るという役割も担っています。
肌が正常な状態ではないと、上記の機能が正常に働かなくなり、体にダメージを受けやすくなります。そのため、常日頃から、乾燥肌対策を取らなければいけないのです。
乾燥肌の原因には老化や正しいスキンケア方法ではない場合や、ストレスなど、様々な要因があります。ですが、その要因にまけないように、日頃から保湿に気を配り、正しいスキンケアと、規則正しい生活で乾燥肌を防ぐことが可能となるのです。
乾燥を防ぐだけで、肌は正常な状態を取り戻し、うるおいに満ちた透明感のある肌になります。毎日保湿のスキンケアを入念にしているのに、それでも乾燥が進む場合には、スキンケア方法を見直すだけではなく、毎日の生活習慣も見直してみてください。
乾燥が進むのは冬場だけではありません。最近では夏場の乾燥肌も増えています。
乾燥肌を防ぐ方法はたくさんあるのですが、自分にとって、続けやすく、楽しんで行えるような乾燥肌対策を取ると良いでしょう。もちろん一番大切な事はスキンケア方法です。高価で保湿効果が高いスキンケア用品を使っていても使い方次第で乾燥の度合いは全く違うものになります。
乾燥肌が進むと敏感肌になってしまい、スキンケアが行えない程肌の状態が悪くなってしまう事もあります。敏感肌になってしまうことで、バリアが弱くなってしまいます。弱くなってしまうと、赤みやかゆみなどのトラブルが頻発してしまいます。特に顔であると、化粧することもできなくなってしまうのです。乾燥肌があまり進んでいなければそれだけ、肌質改善も早くできますので、日々乾燥肌対策をとるように心掛けましょう。

乾燥肌とは

乾燥肌

乾燥肌とは皮脂の分泌量の減少や皮膚の角質から水分が減少しているような状態のことを呼びます。皮膚の水分は、日常、汗や皮膚の呼吸により、自然と蒸発されています。

そのため、天気が乾燥している場合には、肌の水分を奪われやすくなり、肌に十分とされる水分がないと、乾燥は進むことになります。
年を取るほど、肌の潤いがなくなりがちになり、乾燥が進むと老化現象も進むと言われています。年とともに皮脂量が減ることも原因であるとされています。乾燥肌になってしまうことで、肌は刺激を受けやすい状態になり、紫外線や、アレルゲンの予防に効果を表さず、刺激に弱くなってしまいます。
乾燥肌は角質細胞の水分不足でおこりますから、日頃から角質細胞に水分を十分に与えることが重要となってきます。角質細胞は一つではなく、肌の中にたくさん並んでいる状態です。角質細胞はセラミドが主な成分となっているのですが、脂質など、他の物質と共同して、水分を取り込む作業を行っています。肌の表面に水分がなければ取り込むことができませんから、毎日のスキンケアで水分を与えてあげなければ角質細胞に水分を補うことができません。中には水分不足だけではなく、皮脂欠乏症とよばれる、病気である場合もあります。ひじやかかとがひび割れて固くなってしまう人は皮脂欠乏症である可能性が高いとされています。乾燥対策としては、日々肌に水分を補い、保湿をすることで大抵の乾燥肌は治すことが可能です。

おすすめリンク集

乾燥は肌でも施術OKの脱毛サロン。普段からの保湿のお手入れも重要です。
吉祥寺で肌に優しい脱毛をするなら→ミュゼ吉祥寺